石垣島 マッサージ のぶ整体院 HOME > ベビーマッサージコース

ベビーマッサージコース

愛情こもった温かい手で触れられて育った子どもは、情緒豊かで心身共に安定し成長すると言われています。

ベビーマッサージには、赤ちゃんが健やかに育つという効果があるだけではなく、ママやパパが育児において様々な気づきを得られるという効果も持ち合わせています。

ママやパパが赤ちゃんに寄り添い、我が子の気持ちを感じ取ることで、信頼や絆を育むことができ、その結果、育児に対する自信とゆとりを得られることもベビーマッサージの目的なのです。

ママやパパ、おばあちゃんやおじいちゃんが赤ちゃんとのコミュニケーションをとるきっかけ作りに・・・!!

最近、赤ちゃんとママの関係が希薄な親子が増えてきているようです。
実際、1歳未満の赤ちゃんが入所する乳児院や、保護者のいない児童などが入所する養護施設では、親の"ネグレクト"が最も多い入所理由になっているとのこと。

では、良好な親子関係の形成には何が効果的なのでしょうか?

ママとパパからの愛情たっぷりな贈り物(ベビーマッサージ)です。

ベビーマッサージによって、赤ちゃんは総合的な幸福感を得ることができます。
また、マッサージによって親の愛情を深く感じ、親の方も、"触れる"ことを通して、赤ちゃんの感情や体調を感じ取り、より強い絆を深めることができます。


赤ちゃんに触れることで、親子関係に自信と信頼が生まれ ますし、継続してマッサージを行うことで、"コルチゾール"というストレスホルモンの量が減ります。

逆に幸福ホルモンといわれる"エンドルフィン"の分泌を刺激し、赤ちゃんの全身に幸福感をもたらします。

それが、より親密な親子関係を築き、親子の結びつきを強めるのです。
確かに赤ちゃんが生まれたばかりであれば、パパ・ママも親になったばかり。

お互いに"初めまして"という状態ですから、生まれた瞬間から強い親子関係がいきなり構築されているわけではないですよね。
マッサージを行うことで、このような精神面の効果が得られます。


成長ホルモンの増加を促し、健全な成長や発達を促進します。
赤ちゃんは手足が冷たくなりやすいのですが、マッサージを行うと循環機能が促進され温かくなります。

筋肉をリラックスさせ、関節を柔軟にするので、赤ちゃんの幅広い動きを可能にします。

定期的なマッサージは、赤ちゃんの肌を清潔にし、死んだ細胞を取り除く手助けをします。そして皮脂の分泌をうながし、肌の弾力性を守り、感染に対する抵抗力を高めます。

老廃物を取り除くリンパ液の流れも促進するので、その観点からも感染に対する体の抵抗力を高めます。消化器官を司る神経も刺激するので、ホル モンの分泌が良くなり、消化吸収を促進します。


ベビーマッサージは、赤ちゃんが泣き出したらすぐにやめ、無理をせず、できる部分から始めてみましょう。
また予防接種を受けたその直後(前はかまいません)、熱がある場合(目安は37.5℃以上)、明らかに機嫌が悪いとき、ミルクの飲みが少ない、おしっこの回数が少ないなど、体調がすぐれないときは控えます。
皮膚に異常があるときは医師に診断を受けるなど、赤ちゃんの体調を観察しながら行ってください。

【所在地】〒907-0022 沖縄県石垣市大川20-1 サンスマイルやびく102
【行き方】730交差点より徒歩3分

のぶ整体院

メールでお問い合わせ